歌詞

A CIRCLE (REPEATS)

Cold footsteps on asphalt
Never coming to a halt
Drowned out in a bustle of a town
Which never calms down

An endless crowd in sight
Frowning day and night
Surrounded by invisible glass walls
Each nearly squalls

When did you find your comfort
In neon lights and city streets?
You believe they can save your skin
But a vicious circle repeats

Kind words never spoken
A good ol' rule is broken
Sometimes a smile on the surface
Throws you a deadly kiss

Even your keen nose
Can't sniff out fishy shadows
Your sense of smell was totally lost
And you know it to your cost

When did you find your comfort
In neon lights and city streets?
You believe they can save your skin
But a vicious circle repeats

Doesn't each step you take carry you to obscurity?
Have you spent a minute without a sigh recently?

When did you find your comfort
In neon lights and city streets?
You believe they can save your skin
But a vicious circle repeats
When did we find our comfort
In neon lights and city streets?
We believe they can save our skin
But a vicious circle repeats

アスファルト上の冷たい足音は
決して止むことはなく、
静まることのない
街の喧騒の中にかき消されていく

見渡す限り果てしない人ごみは
一日中顔をしかめたまま
目には見えないガラスの壁に囲まれ
悲鳴を上げそうになっている

いつ君はネオンの灯かりと街の通りに
安らぎを見つけてしまったんだい?
君はそれで命拾いできると信じているけど
悪循環が繰り返される

優しい言葉を耳にすることはなく
古き良き習慣は壊されている
うわべだけの笑顔はときどき
君に致命的なキスを投げかける

感覚の鋭い君の鼻でさえ
怪しい影を嗅ぎ分けることはできない
君の嗅覚は完全に失われ
痛い目に遭った君はそれをよく知っている

いつ君はネオンの灯かりと街の通りに
安らぎを見つけてしまったんだい?
君はそれで命拾いできると信じているけど
悪循環が繰り返される

君は少しずつ意識がもうろうとしてきているんじゃないのかい?
最近ため息をつかずに1分間を過ごせたことはあるかい?

いつ君はネオンの灯かりと街の通りに
安らぎを見つけてしまったんだい?
君はそれで命拾いできると信じているけど
悪循環が繰り返される
いつ僕たちはネオンの灯かりと街の通りに
安らぎを見つけてしまったのだろう?
僕たちはそれで命拾いをできると信じているけど
悪循環が繰り返される

© 2003 by Goki

ページトップへ

AIN'T HARD TO DO

We've been running such a long, long way
In such a short, short time
Until smiles have faded away
And any word doesn't rhyme

We've run too fast with no clear goal
Time's just passed to hurt our heart and soul, yeah

Hard words flying in between
Phone receivers slammed down
Ego battles neither can win
Ending up wearing a frown

We've just arrived at the point of no return
For us to survive, it's now time to learn

Let me hear you say, hey, hey
You want to walk away
I can let you go, wow, wow
I'll never say no
Living without you, ooh, ooh
Ain't hard to do

Once everything seemed to have bloomed
But we were sinking in quicksand
I guess from the start it was doomed
To be a one-season stand

Our love's en route straight to RIP
So why not execute our right to be free?

Let me hear you say, hey, hey
You want to walk away
I can let you go, wow, wow
I'll never say no
Living without you, ooh, ooh
Ain't hard to do

Before spring comes, let's get ready for a fresh start
We won't suffer from the pain of a broken heart
To awake and grow apart is an idea so smart

Let me hear you say, hey, hey
You want to walk away
I can let you go, wow, wow
I'll never say no
Living without you, ooh, ooh
Ain't hard to do

僕たちはあまりにも長い距離を走ってきた
あまりにも短い間に
笑顔が消え去り
何一つ言葉が合わなくなってしまうまで

目的もないまま早く走り過ぎたんだ
ただ時は流れ、僕たちは身も心も傷ついてしまった

2人の間に飛び交った激しい言葉
何度も叩きつけられた電話の受話器
勝者を生まないエゴの戦いは
しかめっ面しか残さなかった

もう戻れない所まで来てしまったんだよ
生き延びるために、学ぶときが来たんだ

聞かせてくれよ
もう終わりにしたいって
いつでも自由にしてあげるよ
「嫌だ」 なんて絶対に言わないさ
君がいなくても
僕は生きていけるんだ

すべてがうまくいっているように思えた時期もあったけど
僕たちは泥沼に陥りかけてたんだね
きっと始めから呪われてたんだよ
1シーズン限りになる運命だったんだ

僕たちの愛は、まっすぐ破滅に向かってるんだよ
お互いに自由になる権利を施行しないかい?

聞かせてくれよ
もう終わりにしたいって
いつでも自由にしてあげるよ
「嫌だ」 なんて絶対に言わないさ
君がいなくても
僕は生きていけるんだ

春がやって来る前に、新しいスタートを切ろうよ
失恋の痛みなんてないはずさ
目を覚まして別々の道を歩むのが賢明だと思うよ

聞かせてくれよ
もう終わりにしたいって
いつでも自由にしてあげるよ
「嫌だ」 なんて絶対に言わないさ
君がいなくても
僕は生きていけるんだ

© 2008 by Goki

ページトップへ

BEHIND

Again I'm driving down this highway
With silence in the passenger seat
The setting sun tells the end of the day
And I'm heading home without a sweet

Taking a side glance at a beach
I still see two of us walking along
The sound of waves can still reach
My ears have missed your voice much too long

How could I have been so blind?
I'm full of bitter feelings undefined
And searching for a strong mind
To leave the unexpected end behind

Throwing all my dreams that fell flat
Towards the red sky so peaceful
And the scenes I didn't even look at
Begin to look so meaningful

That song we'd hum in this car
Flows out from the radio again
And I turn it off to guard
Myself from another pain that could begin

How could I have been so blind?
I'm full of bitter feelings undefined
Still searching for a strong mind
To leave the unexpected end behind

Well, my eyes may have looked somber
'Cause from trying not to cry they have been sore
Awaking from my long, deep slumber
Of a day that won't come I can't dream any more

A draft blows in through the window
And whispers in my ear so softly
"Looks like you're ready to go."
And I nod and smile back confidently

I may have been so blind
And full of bitter feelings undefined
But with this strong heart of mine
I leave the unexpected end behind

またこの高速を駆け下りていく
助手席に静寂を乗せながら
沈みゆく陽が1日の終わりを告げて
僕は寂しく帰路につく

浜辺に目をやると
僕達2人が歩いているのが目に浮かぶ
波の音がまだ聞こえる
僕が聞きたいのは君の声

どうして分からなかったんだろう
もどかしいつらさでいっぱいだ
強い心がほしい
予想外の結末を乗り越えられるように

叶わなかった夢を投げ捨てる
安らかな夕焼け空に向かって
今まで見向きもしなかった光景が
心にしみる

この車で一緒に口ずさんだあの歌が
またラジオから流れてくる
僕はスイッチを切る
心が痛むのはもうたくさんだ

どうして分からなかったんだろう
もどかしいつらさでいっぱいだ
何とかして強い心がほしい
予想外の結末を乗り越えられるように

僕の目はうつろだったかもしれない
涙をこらえて目が痛んでいたから
でも、長く深い眠りから目覚めたんだ
決して来ない日はもう夢見ない

窓からの風が
僕の耳にやさしくささやく
「もう行く準備ができているね」
僕はうなずき、自信気に微笑み返す

僕には何も見えていなくて
もどかしいつらさでいっぱいだった
でも今、この強い心で
予想外の結末を乗り越えていく

© 2002 by Goki

ページトップへ

BEST BITTER SMILE

Searching for someone who was not in me or you
A vision of our perfect lover overshadowed our view
We were near, but far from where we'd like to head for
Our words finally found that magic light can’t shine anymore

Baby, baby, it's too late to relight
Maybe, maybe, timing wasn’t right
Surrendering to the stillness of twilight
Baby, baby, what a vainly long night

Looking for a reason to want and need and love
Under our bed fade each other's feelings we'd often shove
Melodies harmonized by silence and our sigh
Echo in our house and we don't even look straight in the eye

Baby, baby, it's too late to relight
Maybe, maybe, timing wasn’t right
Surrendering to the stillness of twilight
Baby, baby, what a vainly long night

When the morning light wakes us from our empty dream
And lets us feel less awkward than we seem
To recover the things we've forgotten for a long while
Let's stand back to back and walk with our best bitter smile

Baby, baby, it's too late to relight
Maybe, maybe, timing wasn’t right
Surrendering to the stillness of twilight
Baby, baby, what a vainly long night

僕たちはお互いの中にいない誰かを探し求め
理想の恋人の幻影に視界を曇らされていた
二人は近くにいたのに、目指していた場所からは遠く離れていた
僕たちの言葉は魔法の光がもう輝かないことに気づいてしまった

ベイビー、再び灯を点けるには遅すぎるね
きっとタイミングが悪かったんだ
たそがれの静けさに身を任せて
ベイビー、何て無駄に長い夜なんだろう

求め、必要とし、愛するための理由を探してきた
僕たちが押し込んだお互いの感情がベッドの下で色褪せる
静寂と僕たちのため息がハーモニーをつけたメロディが
家に響き渡り、僕たちはお互いを直視することさえない

ベイビー、再び灯を点けるには遅すぎるね
きっとタイミングが悪かったんだ
たそがれの静けさに身を任せて
ベイビー、何て無駄に長い夜なんだろう

朝日で儚い夢から目覚めて
少しでもぎくしゃくしていないように感じたとき
長い間忘れていたものを取り戻すために
お互いに背を向けて最高の苦笑いを浮かべながら別々の道を進もう

ベイビー、再び灯を点けるには遅すぎるね
きっとタイミングが悪かったんだ
たそがれの静けさに身を任せて
ベイビー、何て無駄に長い夜なんだろう

© 2016 by Goki

ページトップへ

CALIFORNIA RAIN

My road has been pitted
With puddles of muddy water
But I don't make my way around
Just one wet-through plodder

With no umbrella
Through California rain
In the cold snap I'm reeling straight
Denying I'm on the wane

Well, I don't care being all in
'Cause soon I'll hear good luck callin'
And my life will never be stallin'
When California rain stops fallin'

How long have I been exposed
To this freezing weather?
How many more miles are left from here
'Til I feel in fine feather?

Oh, when was the last time
That I had the sun in the sky?
How come it's been avoiding me?
Can anybody tell me why?

Well, I don't care being all in
'Cause soon I'll hear good luck callin'
And my life will never be stallin'
When California rain stops fallin'

Over those dark rain clouds
I can see the hidden sun
I hope you can also see
'Cause our story's just begun

Our road has been pitted
With puddles of muddy water
And we don't know where we're going
Something's getting odder

Well, I don't care being all in
'Cause soon we'll hear good luck callin'
And our love will never be stallin'
When California rain stops fallin'
When California rain stops fallin'
When California rain stops fallin'...

僕の歩んできた道は
いつも泥の水たまりだらけ
でも僕は避けて通ったりはしない
たった一人でずぶぬれのまま歩くんだ

傘も持たずに
カリフォルニアの雨の下
寒波の中をよろめきながら真っ直ぐ歩く
衰運に向かっているという事を否定しながら

疲れ果てても大丈夫さ
僕にはそのうち幸運の呼び声が聞こえるんだ
そして僕の人生は順調に行くんだ
カリフォルニアの雨が止む頃に

どれくらいの間
この凍りつくような天気にさらされてきたんだろう?
あと何マイル残っているんだろう?
僕が元気になれるまで

あぁ、最後に空に太陽を見たのは
いつだったんだろうか?
どうして太陽は僕を避けているんだろう?
誰か教えてくれないかい?

疲れ果てても大丈夫さ
僕にはそのうち幸運の呼び声が聞こえるんだ
そして僕の人生は順調に行くんだ
カリフォルニアの雨が止む頃に

僕にはあの暗い雨雲の向こうに
隠れている太陽が見えるんだ
君にも見えることを祈ってるよ
僕たちの物語は始まったばかりなんだから

僕たちの歩んできた道は
いつも泥の水たまりだらけ
僕たちはどこに向かっているのか分からないまま
だんだん何かがおかしくなってきている

疲れ果てても大丈夫さ
僕たちにはそのうち幸運の呼び声が聞こえるんだ
そして僕たちの愛は順調に進むんだ
カリフォルニアの雨が止む頃に
カリフォルニアの雨が止む頃に
カリフォルニアの雨が止む頃に、、、

© 2002 by Goki

ページトップへ

DRIFTIN' ASTRAY

Well, I'm totally lost and have Jack Frost inside
Seeing after years all those tears you cried
With something weighing on my absent mind
Clearing up all the spilt plans I designed

When I walk these streets, my heart just beats so fast
Remembering our good days, I always run past
Every place with every memory stays there
But can't find two of us together anywhere

How come you've gone farther apart
From me still givin' you all my heart
With a ray of hope fadin' away
Here I'm drifitin' astray

Trying hard to recover and
Questioning a lover's vow
I'm getting used to the woe without your glow somehow
But a girl who looks just like you from the back
Often comes into my view and I crack

How come you've gone farther apart
From me still givin' you all my heart
With a ray of hope fadin' away
Here I'm drifitin' astray

They say every story has its endin'
I believed that I could break the rule
Now I can see my heart is slowly mendin'
But given a chance, I'd be a fool again

How come you've gone farther apart
From me still givin' you all my heart
With a ray of hope fadin' away
Here I'm drifitin' astray

僕は完全に打ちひしがれ、心には霜が降りている
何年間か君の流した涙を見てきた
放心状態の心にのしかかる何かを背負いながら
せっかく立てたのに壊れてしまった計画の後片付けをする

この辺りの通りを歩くと、心臓の鼓動が早くなるんだ
楽しかった頃を思い出しながら、いつも走り過ぎる
思い出の場所がまだそこにはあるのに
僕たちが一緒にいる姿はどこにも見つからない

なぜ君は遠くに離れていってしまったんだろう?
僕はまだ君のことを思っているのに
希望の光がだんだん薄くなり
僕はここで迷子のままさまよっている

立ち直ろうと一生懸命努力し、
恋人の誓いなんてものに疑問を抱きながら
何とか君の輝きを失った悲しみにも慣れてきた
でも、後姿が君そっくりの女の子が
僕の視界に入ると、僕はくじけてしまう

なぜ君は遠くに離れていってしまったんだろう?
僕はまだ君のことを思っているのに
希望の光がだんだん薄くなり
僕はここで迷子のままさまよっている

すべての物語には終わりがあると人は言うけれど
その法則を打ち破れると僕は信じていた
今、僕の心は少しずつ回復に向かっている
でもチャンスがあれば、また僕はばかになるつもりさ

なぜ君は遠くに離れていってしまったんだろう?
僕はまだ君のことを思っているのに
希望の光がだんだん薄くなり
僕はここで迷子のままさまよっている

© 2003 by Goki

ページトップへ

GET A LIFE

I've got beaten on my way here
I've tried to pretend I have no fear
I sometimes couldn't see my way clear
But I've never needed any words of cheer

I'll gather all my courage together
To keep running and shining forever
Whatever pain cuts me like a knife
I'll stick to my way to get a life

Frustration cannot make me blind
Anger cannot control my mind
Hatred cannot put me in a bind
'Cause my dreams cannot be left behind

I'll gather all my courage together
To keep running and shining forever
Whatever pain cuts me like a knife
I'll stick to my way to get a life

You can tease, you can laugh at me
But you can never stop me running free
I've got to be what I want to be
I won't fail, you just wait and see

I'll gather all my courage together
To keep running and shining forever
Whatever pain cuts me like a knife
I'll stick to my way to get a life

ここに辿り着く途中、何度も打ちのめされた
恐れなんか知らないふりをしようとした
自分の視界が見えないときもあった
でも、慰めの言葉なんか一度も必要じゃなかった

ありったけの勇気をかき集めて
僕は永遠に走り、輝きつづけるんだ
どんな苦痛が僕に襲いかかっても
自分のやり方で人生を楽しむんだ

挫折を味わっても、自分を見失わないよ
怒りが込み上げても、うまく自分をコントロールできるんだ
憎しみのせいで窮地に陥ることなんてあり得ないさ
僕の夢は置き去りになるべきじゃないんだから

ありったけの勇気をかき集めて
僕は永遠に走り、輝きつづけるんだ
どんな苦痛が僕に襲いかかっても
自分のやり方で人生を楽しむんだ

僕をからかったり、笑い飛ばすのは簡単だよ
でも、誰も僕が自由に走るのを止めることはできない
自分の目指す自分像を手に入れたいんだ
失敗なんかしないよ、そのうちに分かるさ

ありったけの勇気をかき集めて
僕は永遠に走り、輝きつづけるんだ
どんな苦痛が僕に襲いかかっても
自分のやり方で人生を楽しむんだ

© 2007 by Goki

ページトップへ

GRADUATED

'Jealousy', don't you smile so kindly at me
I know you're still with some of my friends
In my youth, I was too weak to refuse you
But long ago, our friendship met its end

Yes, I've graduated from you
'Cause you taught me nothing good
You just twisted my mind to ruin
Remember I'll never hook up with you again

'Rivalry', still the same ol' soul you used to be
How long is your hunting gonna go on?
It's been years since my trembling days of fear
But now I'm so fine 'cause they're all gone

Yes, I've graduated from you
'Cause you taught me nothing good
You just twisted my mind to ruin
Remember I'll never hook up with you again

'Vanity', it was not so easy for me
To throw you out of my heart forever
But finally I won my way to self-esteem
After making my best endeavor

Yes, I've graduated from you
'Cause you taught me nothing good
You just twisted my mind to ruin
Remember I'll never hook up with you again
Remember I'll never hook up with you again

「嫉妬心」、そんなに優しく微笑みかけるなよ
僕の友達にはまだおまえと付き合ってる奴がいるみたいだ
若い頃はおまえを拒むほど強くなかったけど
ずっと前に、僕たちは縁を切ったんだよ

そう、僕はおまえから卒業したんだ
おまえから学んだことは何一つなかった
僕をもてあそんで破滅させただけ
いいか、おまえには二度と近づかないぞ

「競争心」、おまえは相変わらずだな
いつまでカモをさがしているんだい?
昔は震えるほど怖かったよ
でも今は平気さ そんな日々は終わってしまったんだ

そう、僕はおまえから卒業したんだ
おまえから学んだことは何一つなかった
僕をもてあそんで破滅させただけ
いいか、おまえには二度と近づかないぞ

「虚栄心」、そう簡単じゃなかったよ
おまえを僕の心から完全に追い出すのは
でも僕はやっと自尊心を持つことができた
できる限りの努力をして

そう、僕はおまえから卒業したんだ
おまえから学んだことは何一つなかった
僕をもてあそんで破滅させただけ
いいか、おまえには二度と近づかないぞ
二度とおまえになんか近づくものか

© 2002 by Goki

ページトップへ

HOLDIN' YOU DEAR

When fatigue or anger eats me up through and through
Well, I'm just beginning to get homesick for you
Above all, your eyes crystal-clear
Oh, I'm just holdin' you dear

Whenever all my hopes and dreams fall to the ground
And I need an angel of redemption around
You wrap me in words of cheer
Yes, I'm just holdin' you dear

Since I met you, something undoubted awoke
And into my mind began to soak
From the long and oblivious slumber I woke
To find myself with my dear

After every argument and disagreement
There've always been my follies that I lament
Let me whisper in your ear
"I can't stop holdin' you dear."

Since I met you, something undoubted awoke
And into my mind began to soak
From the long and oblivious slumber I woke
To find myself with my dear

In the enfolding darkness of night
Where tomorrow isn't yet in sight
My confident assurance grows by bits
Throwing me the light

Since I met you, something undoubted awoke
And into my mind began to soak
From the long and oblivious slumber I woke
To find myself with my dear

Even if our friendship hadn't grown into love
Or there'd been someone else for you to dream of
I could've found my way here
'Cause I was holdin' you dear
And I'm still holdin' you dear
And I'll always be holdin' you dear

疲労や怒りで打ちひしがれたとき
僕は君のところに帰りたくなる
水晶のように澄んだ君の瞳の中に
あぁ、君が愛しいよ

夢や希望がすべて壊れ果てて
救いの女神が側にいてほしいとき
君は慰めの言葉で僕を包んでくれる
君が本当に愛しいよ

君に出会ってから、確信できる何かが生まれ
僕の心に染み込んできた
僕が長い忘却の眠りから覚めたのは
愛しい君を愛するためなんだよ

言い合ったり、意見が食い違ったりした後
いつも僕は自分の愚かさが嫌になるんだ
君の耳元でささやかせてくれないかい
「君が愛しくて仕方ないんだ」

君に出会ってから、確信できる何かが生まれ
僕の心に染み込んできた
僕が長い忘却の眠りから覚めたのは
愛しい君を愛するためなんだよ

まだ明日が見えない
包み込むような夜の闇の中で
自信に満ちた確信がだんだん大きくなって
僕に光を投げかける

君に出会ってから、確信できる何かが生まれ
僕の心に染み込んできた
僕が長い忘却の眠りから覚めたのは
愛しい君を愛するためなんだよ

僕たちの友情が恋愛に発展しなかったとしても
君には他に想う人がいたとしても
僕はここに辿り着いた気がするんだ
だって、君が愛しかったんだから
今も君が愛しいんだ
これからもずっと君を愛するよ

© 2005 by Goki

ページトップへ

HOLLOW HEART BLUES

Again, I'm alone
My angel has flown
Time's come to think on my own

I don't know why, but I cannot cry
I guess my passion did die

Such a hollow, heartless love
Was there something to learn?
Did we really burn?
Such a meaningless, wasted love
Can we say it was true?
Now I wonder where it's led us to

Some time ago, our love had a glow
Something was just about to grow

But time was not kind
Leaving us behind
And forcing us to change our mind

Such a hollow, heartless love
Was there something to learn?
Did we really burn?
Such a meaningless, wasted love
Can we say it was true?
Now I wonder where it's led us to

Well,
it's not so bad or it's not so sad
In a way we should be glad

'Cause at least we found
We were not bound to be someone to feel good around

Such a hollow, heartless love
Was there something to learn?
Did we really burn?
Such a meaningless, wasted love
Can we say it was true?
Now I wonder where it's led us to

僕はまた一人ぼっち
天使は飛び去り
一人で考える時間がやって来た

なぜだか分からないけど、涙が出てこないんだ
きっと僕の気持ちもとっくに覚めていたんだろう

何て空しくて薄情な愛なんだろう
僕たちは何かを学べたんだろうか?
本当に燃えていたんだろうか?
何て無意味で虚しい愛なんだろう
本当の愛だったと言えるかい?
僕たちはどこに向かっていたんだろうね?

少し前、僕たちの愛は輝いていて
何かが生まれようとしていた

でも、時間は残酷で
僕たちを置き去りにして
心を変えさせてしまった

何て空しくて薄情な愛なんだろう
僕たちは何かを学べたんだろうか?
本当に燃えていたんだろうか?
何て無意味で虚しい愛なんだろう
本当の愛だったと言えるかい?
僕たちはどこに向かっていたんだろうね?

もしかすると、
そんなに酷くて寂しいものじゃないのかもしれない
ある意味、僕たちは喜ぶべきなんだよ

だって、少なくとも僕たちは気づいたんだから
一緒にいる運命じゃなかったってことを

何て空しくて薄情な愛なんだろう
僕たちは何かを学べたんだろうか?
本当に燃えていたんだろうか?
何て無意味で虚しい愛なんだろう
本当の愛だったと言えるかい?
僕たちはどこに向かっていたんだろうね?

© 2007 by Goki

ページトップへ

I WON'T BE BACK

I'm sailing to an island quite unknown
Searching for time and space of my own
Far from the seven lands, beyond the seven seas
Somewhere the sky is so blue as blue can be

Packing my suitcase that I had to hide
With all my disappointment inside
I'll throw it to the bottom of a deep, dark ocean
Sprinkling way too many sleeping potions

I won't be back 'til the day
When all the world's sharks have passed away
I'd rather be floating here alone
Than be scared of their teeth sharpened on a cold stone

In the seas of the ruthless world
Where the raging waves of life whirled
I was always seasick and more dead than alive
I don't know how,
but I managed to survive

Had I fallen out, I would've been eaten
By the sharks always good at cheatin'
Finally I got tired and made up my mind
To raise my sail and make a real voyage of mine

I won't be back 'til the day
When all the world's sharks have passed away
I'd rather be floating here alone
Than be scared of their teeth sharpened on a cold stone

I'm sailing to an island quite unknown
Searching for time and space of my own
Far from the seven lands, beyond the seven seas
Somewhere the sky is so blue as blue can be

I won't be back 'til the day
When all the world's sharks have passed away
I'd rather be floating here alone
Than be scared of their teeth sharpened on a cold stone

誰も知らない島に向かって、僕は航海する
自分だけの時間と空間を探し求めて
七つの大陸から遠く離れた、七つの海の向こうにある
限りなく青い空の広がるどこかに向かって

隠さなければならないスーツケースに
心の中にある失望をすべてつめ込んだ
僕はそれを深い闇のような海の底に沈めて
たくさんの睡眠薬をばらまくんだ

僕は絶対に戻らない
世の中のサメが皆いなくなってしまうその日まで
僕はここで一人で漂っていたいんだ
冷たい石で研ぎ澄まされたサメの歯に脅えているよりは

非情な世界の海では
人生の荒波が渦を巻く
僕はいつも船酔いし、半死半生状態だった
どうやったのか自分でもわからないけど、
何とか生き延びることができた

もし落っこちていたら、食べられてしまっていただろう
いつも騙すことが得意なサメに
僕はとうとう疲れ果ててしまって、決心したんだ
自分で帆を上げて、本当の航海に出ようと

僕は絶対に戻らない
世の中のサメが皆いなくなってしまうその日まで
僕はここで一人で漂っていたいんだ
冷たい石で研ぎ澄まされたサメの歯に脅えているよりは

誰も知らない島に向かって、僕は航海する
自分だけの時間と空間を探し求めて
七つの大陸から遠く離れた、七つの海の向こうにある
限りなく青い空の広がるどこかに向かって

僕は絶対に戻らない
世の中のサメが皆いなくなってしまうその日まで
僕はここで一人で漂っていたいんだ
冷たい石で研ぎ澄まされたサメの歯に脅えているよりは

© 2005 by Goki

ページトップへ

IF YOU DON'T LOVE ME

In a series of misfortunes
You've been fighting with something
Or should I say 'somebody'?
Anyway you can't form a ring

Minutes go by like hours
Silence seems to last for life
And you feel like you're left behind
From all the world and his wife

You don't know I've been waiting here beside you
For a chance to give you my love so true

If you don't love me, that's OK
You just can't be happy 'til Doomsday
Your heebie-jeebies won't go away
And you'll still have to be astray
Are you going to tell me to leave you alone?
Do you think you can go on your own?
Can you recover your mental tone?
Can your eyes shine like precious stones?

You say you don't want to stop running
But there can be a time you should
I'm not going to say you must keep still
Don't worry, this won't last for good

A turning point in your life
That's what has shown its face
You can't get nowhere if you run
So just walk at an easy pace

But if you want to get out of this deep fog right now
In exchange for your love I can tell you how

If you don't love me, that's OK
You just can't be happy 'til Doomsday
Your heebie-jeebies won't go away
And you'll still have to be astray
Are you going to tell me to leave you alone?
Do you think you can go on your own?
Can you recover your mental tone?
Can your eyes shine like precious stones?

Well, I can't stand myself who's been talking tough
Hey, girl, please don't go off in a huff

If you don't love me, I'm done for
You will see me at death's door
I won't be happy forevermore
I've never felt like this before
Are you going to tell me to be alone?
Do you think I can go on my own?
Can I recover my mental tone?
Can my eyes shine like precious stones?

めぐり来る不運の中で
君はずっと何かと戦ってきた
いや、「誰か」 とかな?
とにかく何もかもうまくいってないんだ

時の流れはのろく
静けさは果てしなく続くよう
君は取り残されたかのように感じている
世界中の誰もから

君は気付いてないんだ 僕がずっとすぐ側で
君を本当に愛せる時を待っていることを

もし僕を愛してくれないのなら、それでもいいよ
でも君はもうずっと幸せにはなれない
安らぎは得られず
ずっと迷子のまま
それでも 「ひとりにして」 って言うのかい?
ひとりでやっていけると思うのかい?
以前の自分を取り戻せるのかい?
宝石のような瞳の輝きを取り戻せるのかい?

君は走りつづけたいって言うけど
歩くほうがいい時もあるはずだ
立ち止まれって言うつもりはないよ
心配ないさ、永遠にこのままではないんだから

人生の転換期に
君は今さしかかっているんだ
走っても迷うだけ
ゆっくり歩いていけばいいさ

でも今すぐに、この深い霧を抜け出したければ
どうすればいいか教えてあげるよ 君の愛と引き換えにね

もし僕を愛してくれないのなら、それでもいいよ
でも君はもうずっと幸せにはなれない
安らぎは得られず
ずっと迷子のまま
それでも 「ひとりにして」 って言うのかい?
ひとりでやっていけると思うのかい?
以前の自分を取り戻せるのかい?
宝石のような瞳の輝きを取り戻せるのかい?

強がりを言ってる自分に耐えられないんだ
ねぇ、機嫌を直してこっちに来てくれないかい?

君が愛してくれないなら、僕はおしまいなんだ
もう生きてはいけないんだ
幸せになんかなれそうもない
こんな風に感じたのは初めてだよ
僕に 「ひとりでいろ」 って言うのかい?
僕がひとりでやっていけると思うのかい?
以前の僕に戻れるんだろうか?
宝石のような瞳の輝きを取り戻せるんだろうか?

© 2002 by Goki

ページトップへ

JUST TOO YOUNG

One Sunday evening, three years after she was born
Sitting in a front porch swing
that seems a little weather-worn
She looks curiously at her parents
Laying aside her favorite book
While they're whispering about something
with a strained look

The next morning mommy says
"Daddy must go on a business trip."
Folding his army greens
without a word and biting her lip
Daddy promises he will come back
Though it may take a little while
Nodding slowly, mommy kisses him good-bye
With a tearful smile

She's just too young to understand
The meaning of her mother's tears
Or to know that they have to lead
Their lives with hopes and fears
And she wonders if she should cry or she should try not to
She just looks around
and blinks her innocent eyes
Only learning what it's like to be surprised

As days go by slowly
Mommy can't hide her pain and grief
Surfing the TV channels
to watch comedy shows for relief
One day, her favorite program gets interrupted suddenly
On the screen appears one familiar face talking winningly

Right after mommy hearsthe man declare
an end to the war
A letter flies in their house
And mommy dashes to their front door
Daddy wrote that his service there was done
And he'd come home soon
Mommy reads in tears for her daughter,
feeling over the moon

She's just too young to understand
The meaning of her mother's tears
Or to know that they have led
Their lives with hopes and fears
And she wonders if she should cry or she should try not to
She just looks around and blinks her innocent eyes
Only learning what it's like to be surprised

A few days later, she hears mommy answer one phone call
Then she sees her hang up,
go into a dead faint and fall
Another few days find her among strangers dressed in black
And she hears mommy weep out
"Daddy's never coming back."

Everyone at the funeral furiously mourns her Daddy's death
"Why was he a victim of revenge?"
They gnash their teeth under their breath
For all the blood and tears shed
Peace is nowhere to be found
And they're sure
Another 'Century of Warfare' has just come around

She's just too young to understand
The meaning of people's tears
Or to know that they have to lead
Their lives with hopes and fears
And she wonders if she should cry or she should try not to
She just looks around and
blinks her innocent eyes
Only learning what it's like to be surprised
Yes, she was just too young to see the whys
And the others don't want her to realize

生まれて3年が経過したある日曜日の夕下がり
フロント・ポーチにある
風雨で傷んだブランコに座っていたその子は
大好きな本を横に置いて
興味深げに両親を見ていました
両親は緊張した面持ちで、
何かをささやき合っていました

翌朝、お母さんが言いました
「パパはお仕事で出かけなければいけないの」
お母さんは黙って唇をかみしめたまま、
お父さんの軍服をたたみました
お父さんは約束しました。「必ず帰って来るよ。
少し時間がかかるかもしれないけどね」
お母さんはゆっくりうなずきお父さんに別れのキスをしました
そして涙を流しながら微笑みました。

その子は幼すぎて理解できませんでした
お母さんの涙の意味や
自分たちが希望と恐怖を抱きながら
生きていかなければいけないということを
その子は、泣くべきなのか我慢すべきなのか分からず
ただ周りをきょろきょろしながら、
無邪気な目でまばたきしました
その子が知ったのは、「驚く」 ということだけでした

日が経つにつれ、
悲しみと苦痛をこらえることができなくなってきたお母さんは
テレビのチャンネルを回し、
忘れるためにコメディ番組ばかり見ていました
ある日、お気に入りの番組が突然途中で中断し
見覚えのある男が画面に登場し、勝ち誇ったように語りました

その男が戦争集結を宣言した直後
一通の手紙が届きました
お母さんは走って玄関に向かいました
お父さんから届いたその手紙には、
任務が終わり
近い将来の帰還が決まったと書いてありました
お母さんは大喜びで、
涙ながらにその手紙を娘に読んで聞かせました

その子は幼すぎて理解できませんでした
お母さんの涙の意味や
自分たちが希望と恐怖を抱きながら
生きていたということを
その子は、泣くべきなのか我慢すべきなのか分からず、ただ
周りをきょろきょろしながら、無邪気な目でまばたきしました
その子が知ったのは、「驚く」 ということだけでした

数日後、お母さんが電話に出るのが聞こえました
お母さんは電話を切って、
そのまま気を失って倒れ込んでしまいました
そしてまた数日後、その子は喪に服した人たちの中にいました
お母さんが泣きながら言いました
「お父さんは帰って来れなくなったの」

葬儀に参列した人たちは怒りながらお父さんの死を悼みました
「なぜ彼が復讐の犠牲者にならなければいけなかったんだ?」
誰もが怒りに歯を振るわせながら言いました
多くの血と涙が流れたにもかかわらず
平和はどこにも見つからなかったのです
そして、集まった人々は
また新たな 「戦争の世紀」 の到来を確信したのでした

その子は幼すぎて理解できませんでした
人々の涙の意味や
誰もが希望と恐怖を抱きながら
生きていかなければいけないということを
その子は、泣くべきなのか我慢すべきなのか分からず
ただ周りをきょろきょろしながら、
無邪気な目でまばたきしました
その子が知ったのは、「驚く」 ということだけでした
理由を知るには幼すぎたその子に
周りの人は知ってほしくありませんでした

© 2005 by Goki

ページトップへ

LAND OF DARKNESS

Somewhere in my gloomy head
I find a piece of unfounded dread
And feel it slowly start to form a shape
A bad feeling there’s no way to escape

A negative thinking pattern begins
And my friendly anxiety grins
While I'm completely unaware
My bad habit is driving me to despair

No more rolling into a snowball
No more feeling scared and small
Imaginary scenario of uneasiness
Goodbye, Land of Darkness, ooh, ooh, ooh

Fighting an invisible foe
I feel a paranoid fear grow
Brooding over non-existent things
Overstrains my nerves with what it brings

No more rolling into a snowball
No more feeling scared and small
Imaginary scenario of uneasiness
Goodbye, Land of Darkness, ooh, ooh, ooh

On my way to Land of Darkness,
I hear a little voice
Whisper, "Stop thinking. You still have a choice."

No more rolling into a snowball
No more feeling scared and small
Imaginary scenario of uneasiness
Goodbye, Land of Darkness, ooh, ooh, ooh
Goodbye, Land of Darkness, ooh, ooh, ooh
Goodbye, Land of Darkness, ooh, ooh, ooh

ふさぎ込んだ頭のどこかで
根拠のない不安のかけらを見つけた僕は
それがゆっくりと形を成していくのを感じる
逃げようがないという嫌な予感

否定的な思考パターンが始まり
馴れ馴れしい不安がニヤリと笑う
僕はまったく気付かないうちに
自分の悪い癖のせいで絶望へと追い込まれる

雪だるま式はもうごめんだ
怯えながら小さくなっているのはもう嫌なんだ
想像上の不安のシナリオ
闇の国よ、さようなら

目に見えない敵と戦っていると
被害妄想的な恐れが募る
存在しない物事に思いを巡らすことは
結局、自分の神経をすり減らしてしまうだけ

雪だるま式はもうごめんだ
怯えながら小さくなっているのはもう嫌なんだ
想像上の不安のシナリオ
闇の国よ、さようなら

闇の国へ向かう途中、
僕は小さな声がささやきかけるのを耳にする
「考えるのは止めるんだ。まだ選択の余地はあるんだよ」

雪だるま式はもうごめんだ
怯えながら小さくなっているのはもう嫌なんだ
想像上の不安のシナリオ
闇の国よ、さようなら
闇の国よ、さようなら
闇の国よ、さようなら

© 2009 by Goki

ページトップへ

LIVE A LIE

You go out to ease your pain
But sometimes you get more
And come back to your door with no gain

But you know
A stranger will treat you right tomorrow
Gone will be your sorrow at your will

Don't you say you've lived in sadness
And you've been looking for happiness

For with just one smile you can get company
Who tries hard to be worth your while
And with just one kiss you can make the money
That keeps you in dreams and bliss

Long ago there was one man you were thinking of
You were deep in love, but he ran

When he left, he just said
"You can't love anyone
'Cause what you had done shot you dead."

Then you were back out on the street
With a reputation as a cheat

For with just one smile you can get company
Who tries hard to be worth your while
And with just one kiss you can make the money
That keeps you in dreams and bliss

Yesterday when I saw you, tears were in your eyes
I never knew why you were blue

Now I guess what we need is to keep on learning
And keep a true love burning without greed

Of course, you don't have to try
If you still wanna live a lie

For with just one smile you can get company
Who tries hard to be worth your while
And with just one kiss you can make the money
That keeps you in dreams and bliss

苦しみから逃れたくて君は出て行く
でも時にはもっとひどく傷ついて
結局また入り口に戻ってくる

でも明日こそは赤の他人が優しくしてくれるって
君は知っている
悲しみは、君の思うがままに消えていくだろう

「私は悲しみだけを生きてきたの
ずっと幸せを捜しているのよ」 なんて言うなよ

だって君がただ一度微笑むだけで連れができるじゃないか
君のために張り切る連れが
ただ一度のキスでお金がもらえるじゃないか
君の夢と幸せを約束するお金が

君には昔、思いを寄せた男がいた
君は夢中だったけど、その男は君を捨てた

男は去る時にこう言った
「君に人は愛せないよ
自分で自分をだめにしてしまったんだから」

そして君はまたあの通りに戻って行った
魔女のような女と呼ばれて

だって君がただ一度微笑むだけで連れができるじゃないか
君のために張り切る連れが
ただ一度のキスでお金がもらえるじゃないか
君の夢と幸せを約束するお金が

昨日君を見かけたけど、泣いていたね
どうして憂鬱なんだい?

僕らに必要なのは学びつづけることだけ
そして欲を捨てて本当に愛しつづけること

もちろん、無理にそうしなくてもいいんだよ
君がまだ偽善の人生を歩みたいのなら

だって君がただ一度微笑むだけで連れができるじゃないか
君のために張り切る連れが
ただ一度のキスでお金がもらえるじゃないか
君の夢と幸せを約束するお金が

© 2002 by Goki

ページトップへ

MAYBE SOMEDAY

Once we'd spend hours on the phone
Sharing our unfinished dreams
Unconscious of the flight of time
Just afraid of future phone bills
Glorious pages in my history

This spring took two things from me
The winter's cold and the warmth from you
When the last snow crystal melted away
Your passion for me cooled
The reason was wrapped in mystery

I didn't know what was what and wasn't quite myself
Until our old friend told me that you found someone else

Maybe someday I'll laugh about this
Maybe someday I won't miss your kiss
Things won't go amiss... maybe someday

Today I got my latest phone bill
The cheapest in the last two years
A sad happiness made me wear a bitter smile
And yearn much for the lost fear
Oh, this spring sky's so clear

I still don't know what is what and I'm not quite myself
Though in experience
I'm sure that I have got some wealth

Maybe someday I'll laugh about this
Maybe someday I won't miss your kiss
Things won't go amiss... maybe someday

Saturday 8am was the moment for which I couldn't wait
But now it reminds me again and again of the irony of fate

Maybe someday I'll laugh about this
Maybe someday I won't miss your kiss
Things won't go amiss... maybe someday

昔はよく長電話したね
見果てぬ夢を語り合ったっけ
時がたつのも忘れてた
こわかったのは電話代の請求書だけ
僕の人生で輝いていたとき

この春は僕から2つのものを奪っていった
冬の寒さと君の温もり
最後の雪の結晶が溶けたとき
君の情熱は冷めてしまった
理由 (わけ) はどこにも見当たらなかった

何がなんだか分からなくて、自分が自分じゃないみたいだった
君が別の人を見つけたんだと友達に聞くまでは

きっといつかは、笑って話せるだろう
きっといつかは、君のキスを忘れられる
間違いなくうまくいくさ、きっといつかは

今日電話代の請求書が届いた
この2年で一番安かった
嬉しいのか、悲しいのか苦笑いした
「こわい」 請求書がなつかしい
あぁ、春の空はなんて晴れ渡っているんだろう

まだ何がなんだか分からなくて、自分が自分じゃない気がする
でもきっと、
僕は何かを学んだはず

きっといつかは、笑って話せるだろう
きっといつかは、君のキスを忘れられる
間違いなくうまくいくさ、きっといつかは

土曜日の朝8時は、待ちきれなかった瞬間 (とき) だった
でも今はただ、運命の皮肉を思うだけ

きっといつかは、笑って話せるだろう
きっといつかは、君のキスを忘れられる
間違いなくうまくいくさ、きっといつかは

© 2002 by Goki

ページトップへ

MY LONE SKY

It's around midnight, a little cold for a summer day
Spokane Airport hits the hay
And from my friends' wedding, I'm on my way home
In the still of the night I just roam

Still I've got five hours 'til my plane flies
Yawningly I rub my eyes
So slowly and so steadily, the circuit of thought sinks
I might need to snatch forty winks

Remembering the just married pair
I start asking myself unaware

"Until when are you going to dream
And go against the stream?
Haven't you run out of steam?"
But I've got to prove something
So just play and sing
Songs that I'm tryin' to let fly across my lone sky

To a hum of voices I wake up from a doze
To find myself where a bleak wind blows
With boarding signs waving, tired from the long wait
Slowly I walk to the gate

Stumbling to my seat 4B
I still hear this voice question me

"Until when are you going to dream
And go against the stream?
Haven't you run out of steam?"
Now this airplane and I are flying high
Waving this town good-bye from my lone sky
From my lone sky
From my lone sky

深夜12時近く、夏の日にしては少し肌寒く感じられる
スポーケン空港は1日に終わりを告げ
僕は友達の結婚式から帰路に着く途中で
夜の静けさの中をただうろうろする

飛行機が出るまであと5時間
僕はあくびをしながら目をこする
ゆっくりと着実に思考回路が衰えてきている
少し仮眠をとった方がいいのかもしれない

結婚したばかりの2人を思い出しながら
僕は知らず知らずのうちに自分に問い始めていた

「お前はいつまで夢を見ているんだい?
いつまで時勢に逆らって生きていくんだい?
息切れしないのかい?」
でも僕には証明しなければいけない事がある
だから、ただ演奏して歌うだけなんだ
一人きりの空から羽ばたかせようとしている歌を

うたた寝していた僕は人声に目を覚まし
冷たい風を肌に感じる
長く待ち疲れた僕は搭乗案内を知らせるサインに手招かれ
ゆっくりと搭乗口に歩いていく

4Bと書かれた自分の席に何とか辿り着いた僕には
まだこの声が問い尋ねてくるのが聞こえる

「お前はいつまで夢を見ているんだい?
いつまで時勢に逆らって生きていくんだい?
息切れしないのかい?」
今、僕を乗せたこの飛行機は高く飛び立ち
一人きりの空からこの町に手を振って別れを告げる
一人きりの空から
一人きりの空から

© 2003 by Goki

ページトップへ

SEA OF ANXIETY

Sailing out on a dark and furious ocean
I'm looking for a place to dump my fearful emotion

Countering head-on these stormy waves
I'm too busy to die
Days of asking around strangers' graves
"Where and who am I?"

Drifting in the sea of anxiety
An endless voyage to nowhere
Even freezing rain can't wash away my pain
A lonely night sky is running scared
Stars of comfort have lost their light and fallen out of sight
Drifting in the sea of anxiety
I'll never give in to despair

Reflected on the gloomy surface of the water
My courage is nervously seeing me totter

How much time has passed me by?
I can't imagine at all
Sea after sea within the sweep of the eye
When can I have a landfall?

Drifting in the sea of anxiety
An endless voyage to nowhere
Even freezing rain can't wash away my pain
A lonely night sky is running scared
Stars of comfort have lost their light and fallen out of sight
Drifting in the sea of anxiety
I'll never give in to despair

To be honest with you, my friend
My heart nearly breaks down now and then
But winter always bows to spring
So I'll keep fighting

Drifting in the sea of anxiety
An endless voyage to nowhere
Even freezing rain can't wash away my pain
A lonely night sky is running scared
Stars of comfort have lost their light and fallen out of sight
Drifting in the sea of anxiety
I'll never give in to despair

荒れ狂う暗い海を航海しながら
僕は怯えた感情を捨てる場所を探し求める

真っ向から激しい波を迎え撃っている僕は
忙しすぎて死ぬ余裕もないんだ
見知らぬ人の墓に聞いて回る日々
「ここは一体どこで、僕は一体誰なんだい?」

不安の海を漂い
行く先のない船旅が続く
冷たい雨でさえ僕の痛みを洗い流すことはできず
孤独な夜空は怖気づく
慰めの星は輝きを失い、視界から消えてしまった
僕は不安の海を漂っているけれど
決して自暴自棄にはならないよ

暗い海面に映った僕の勇気が
よろめく僕の姿を心配そうに見つめる

どれくらいの時間が経過したのか
僕には想像もつかない
見渡す限り一面の海
陸地はいつ見えるのだろう?

不安の海を漂い
行く先のない船旅が続く
冷たい雨でさえ僕の痛みを洗い流すことはできず
孤独な夜空は怖気づく
慰めの星は輝きを失い、視界から消えてしまった
僕は不安の海を漂っているけれど
決して自暴自棄にはならないよ

正直に言うと
ときどき僕の心は折れそうになるんだ
でも、冬は必ず春に屈する
だから、僕は戦い続けるのさ

不安の海を漂い
行く先のない船旅が続く
冷たい雨でさえ僕の痛みを洗い流すことはできず
孤独な夜空は怖気づく
慰めの星は輝きを失い、視界から消えてしまった
僕は不安の海を漂っているけれど
決して自暴自棄にはならないよ

© 2009 by Goki

ページトップへ

SECOND TO NONE

A white and transparent beauty
Blanches my blackened night
Light-blue comfort keeps guiding
My gray sky to the light
Wishing time to come to rest
I invite in my lifetime guest

Baby, I'm learning now what it's like
To be in love and care about someone
Here, I make a vow to lead my life
With you who are second to none

A tender warmth of affection
Courses through my drowsy heart
Two soothing, soft beams of light
Lead me to a brand new start
Hoping this forever lasts
I say farewell to all my pasts, yeah

Baby, I'm learning now what it's like
To be in love and care about someone
Here, I make a vow to lead my life
With you who are second to none

When you're freezing in sorrow
I'll warm you with a bright tomorrow
To keep your heart from going numb
I'll keep showering my love for all the years to come

Baby, I'm learning now what it's like
To be in love and care about someone
Here, I make a vow to lead my life
With you who are second to none
In everything you're second to none
Oh, baby, you're second to none

白く透き通った美しさが
黒く塗られた僕の夜を漂白する
空色の癒しが案内する
僕の曇った空を光へと
時が止まるのを望みながら
僕は人生の客人を招き入れる

いま僕は学んでいる
恋に落ち誰かを気遣うということを
ここで僕は誓うよ
かけがえのない君とずっと一緒に歩んでいくことを

優しい愛情のぬくもりが
まどろんだ僕の心に染み渡る
慰めるような柔らかい二本の光が
僕を新しい門出へといざなう
この状態が永遠に続くことを祈りながら
僕はすべての過去に別れを告げる

いま僕は学んでいる
恋に落ち誰かを気遣うということを
ここで僕は誓うよ
かけがえのない君とずっと一緒に歩んでいくことを

君が悲しみで凍えているときは
僕が明るい未来で暖めてみせる
君の心が感覚を失ってしまわないように
僕は永遠に愛を注ぎつづけるよ

いま僕は学んでいる
恋に落ち、誰かを気遣うということを
ここで僕は誓うよ
かけがえのない君とずっと一緒に歩んでいくことを
君はすべてにおいて最高だよ
君はかけがえのない存在なんだ

© 2008 by Goki

ページトップへ

SHE DON’T NEED TEARS

I can see you patting her on the shoulder
And I know you’re always ready to hold her

Dreams and memories shared
Nothing can be compared
Feelings had always been spared

She don’t need tears
She don’t need fears
’Cause she knows both of you are always together
You don’t need tears
You don’t need fears
Just keep a loving eye on her forever
So she don’t need tears

I can hear you whisper to her cheering words
To guide her through the night
And help her move onwards

Your smile and laughter will dwell in her heart
And still ease her mind
Whenever she goes through the mill

She don’t need tears
She don’t need fears
’Cause she knows both of you are always together
You don’t need tears
You don’t need fears
Just keep a loving eye on her forever
So she don’t need tears

Would you lighten her sorrow
And give her hope for tomorrow?
Till this hard time is gone and time heals the pain
Please shelter her from winds and rain

She don’t need tears
She don’t need fears
’Cause she knows both of you are always together
You don’t need tears
You don’t need fears
Just keep a loving eye on her forever
So she don’t need tears

僕には見えるんだ、君が彼女の肩に手を置いているのが
君はいつでも彼女を抱きしめる準備ができているんだよね

君たちが分かち合った夢と思い出は
何にも比べることができない最高のもの
いつもお互いを思いやっていた

彼女に涙は必要ないよ
不安も必要ないんだ
だって彼女は君たちがずっと一緒だって分かっているんだから
君も涙は必要ないよ
心配しなくても大丈夫さ
ただ愛情を込めてずっと彼女を見守ってあげてほしい
彼女が涙を流さなくていいように

僕には聞こえるよ、君が彼女に励ましの言葉をかけているのが
彼女が夜を越せるように
そして前を向いて進むことができるように

君の笑顔と笑い声は
彼女の心の中で生き続けて
苦しいときに彼女に安らぎを与えるんだ

彼女に涙は必要ないよ
不安も必要ないんだ
だって彼女は君たちがずっと一緒だって分かっているんだから
君も涙は必要ないよ
心配しなくても大丈夫さ
ただ愛情を込めてずっと彼女を見守ってあげてほしい
彼女が涙を流さなくていいように

彼女の悲しみを和らげてあげてくれないかい?
そして彼女に明日への希望を与えてあげてくれないかい?
この辛い時期が去って、時間(とき)が傷を癒してくれるまで
風と雨から彼女を守ってあげてほしいんだ

彼女に涙は必要ないよ
不安も必要ないんだ
だって彼女は君たちがずっと一緒だって分かっているんだから
君も涙は必要ないよ
心配しなくても大丈夫さ
ただ愛情を込めてずっと彼女を見守ってあげてほしい
彼女が涙を流さなくていいように

© 2015 by Goki

ページトップへ

SINKING MYSELF IN THE SUNSET

About the time I wasted doing nothing but getting old
As I didn’t try to remove my blindfold

About the things that I pretended not to see at all
Though I knew I would end up feeling small

About one step that I wouldn’t or couldn’t take forward
While making excuses so absurd

About the failures that could’ve possibly made me cry
If I hadn’t been just too scared to try

I’m thinking and sinking myself in the sunset
And burning out the past that I regret
Panning memories to remember or forget
I’m thinking and sinking myself in the sunset

About the lessons that I should have learned to awake
And avoid repeating the same old mistake

About the lies I told myself to escape from reality
Though I knew they came from nothing but vanity

I’m thinking and sinking myself in the sunset
And burning out the past that I regret
Panning memories to remember or forget
I’m thinking and sinking myself in the sunset

I’m thinking and sinking myself in the sunset
And burning out the past that I regret
Panning memories to remember or forget
I’m thinking and sinking myself in the sunset

About this love for which I’ve been waiting for years
I’m caring with all my happy tears

目隠しを取ろうともせず
ただ年を重ねるだけで無駄にしていた時間について

後で肩身が狭くなるって分かっていたのに
見て見ぬふりをしていた物事について

ばかげた言い訳を重ねながら
踏み出そうともせず踏み出すこともできなかった一歩について

もし怖気づかずに挑戦していたら
涙を流すことになっていたかもしれない失敗について

僕は考えながら自分を夕焼けに沈める
悔やまれる過去を燃やして
記憶すべき思い出と忘れるべき思い出を選り分けながら
僕はもの思いにふけり自分を夕焼けに沈める

目を覚まして同じ過ちを繰り返さないために
学ぶべきだった教訓について

虚栄心以外の何でもないと知りながら
現実から逃れるために自分についた嘘について

僕は考えながら自分を夕焼けに沈める
悔やまれる過去を燃やして
記憶すべき思い出と忘れるべき思い出を選り分けながら
僕はもの思いにふけり自分を夕焼けに沈める

僕は考えながら自分を夕焼けに沈める
悔やまれる過去を燃やして
記憶すべき思い出と忘れるべき思い出を選り分けながら
僕はもの思いにふけり自分を夕焼けに沈める

長年の間待ちわびていたこの愛を
僕はうれし涙とともに大切にするんだ

© 2015 by Goki

ページトップへ

STILL ON MY WAY

Some used to throw me warm words
Now they've started rolling their eyes
And those derisive laughter I heard
Has changed into sympathetic sighs

Oh, my dreams floating in the air
Oh, my schemes going nowhere
I don't want to fade away
I don't want to fall into decay
'Cause I'm still on my way

All the dreamers who ran with me
Have gotten real and swum with the tide
And I continue my endless journey
Even though no one's on my side

Oh, my dreams floating in the air
Oh, my schemes going nowhere
I don't want to fade away
I don't want to fall into decay
'Cause I'm still on my way

Did I find my goal too early?
And was it just too big?
Well, even though that's the case, I don't care a fig
Here I am again to take the last chance
Yes, someday I'm going to get the last dance

Oh, my dreams floating in the air
Oh, my schemes going nowhere
I don't want to fade away
I don't want to fall into decay
'Cause I'm still on my way
I'm still on my way
I'm still on my way

昔は暖かい言葉を投げかけてくれた人たちも
今では驚きはじめている
かつて耳にした嘲るような笑い声は
同情のため息へと変わってきた

宙をさまよう僕の夢
行き着く所のない僕の計画
消え失せたくないんだ
朽ち果てたくないんだ
僕はまだ旅の途中なんだから

僕と一緒に走っていた夢追い人たちは
現実に目を向け、世の中の流れに従った
そして、僕は果てしない旅を続ける
たとえ誰も側にいなくても

宙をさまよう僕の夢
行き着く所のない僕の計画
消え失せたくないんだ
朽ち果てたくないんだ
僕はまだ旅の途中なんだから

僕は自分の目標をあまりにも早く見つけすぎたんだろうか?
そして、それはあまりにも大きすぎたんだろうか?
もしそうだったとしても、全然かまわないさ
最後のチャンスをつかむために、また僕はここにいる
そうさ、いつか微笑むことができるように

宙をさまよう僕の夢
行き着く所のない僕の計画
消え失せたくないんだ
朽ち果てたくないんだ
僕はまだ旅の途中なんだから
まだ旅の途中なんだから
まだ旅の途中なんだから

© 2008 by Goki

ページトップへ

SWEET WAY

She's got a new PC and a brand new car
And lives in a remodeled house
Everything goes as planned so far
All that's missing is a spouse

She says
She's busy going out to drink or having to dance
There's been no time to think
Just chasing romance

Papa and Mama are always waiting there
To do things for her that she'd never dare

She keeps waiting for love
She keeps dreaming of
A Prince Charming showing up to take her away
But she still don't do nothin'
She can never stop believin'
A princess may go her own sweet way

Without anybody she can use, she can't breathe on her own
Repeating her best excuse,
"No man walks alone."

Another deliberate plan and phony smile
Again, she's ready to walk another mile, yeah, yeah

She keeps waiting for love
She keeps dreaming of
A Prince Charming showing up to take her away
But she still don't do nothin'
She can never stop believin'
A princess may go her own sweet way

Inviting in another sleepless night
She tearfully sighs,
"Where's my Mr. Right?"
My, oh, my

She keeps waiting for love
She keeps dreaming of
A Prince Charming showing up to take her away
But she still don't do nothin'
She can never stop believin'
A princess may go her own sweet way

彼女は新品のパソコンと新車を手に入れ
リフォームされた家に住んでいる
すべては自分の計画どおり進行し
足りないのは結婚相手だけ

彼女は言う、
「飲みに行ったり踊りに行ったりで、私は忙しいのよ」
考える時間もないまま
ただロマンスを追い求める

パパとママはいつも側にいて
彼女がしようともしないことを代わりにやってくれる

彼女は愛を待ちつづける
そして夢を見つづける
王子様が現れて自分を連れ去ってくれる夢を
それでも彼女は何もしようとはしない
ただ信じて疑わない
お姫様は好き勝手しても許されるんだと

利用できる人がいないと、呼吸さえも自分ではできない彼女は
最高の言い訳を繰り返す
「人間は一人じゃ生きていけないのよ」

また1つ入念な計画を練り上げた彼女は
作り笑いを浮かべながら、再び新たな一歩を踏み出す

彼女は愛を待ちつづける
そして夢を見つづける
王子様が現れて自分を連れ去ってくれる夢を
それでも彼女は何もしようとはしない
ただ信じて疑わない
お姫様は好き勝手しても許されるんだと

今夜も眠れない夜を招き入れた彼女は
涙ながらにため息をつく、
「私の理想の男性は一体どこにいるの?」
いったいどうしたんだい?

彼女は愛を待ちつづける
そして夢を見つづける
王子様が現れて自分を連れ去ってくれる夢を
それでも彼女は何もしようとはしない
ただ信じて疑わない
お姫様は好き勝手しても許されるんだと

© 2006 by Goki

ページトップへ

THE INNER SCREAM

You walk out of one bar
Light steps to a stranger's car
Not sure if you can have some fun
But another night has just begun

For tonight he's your best friend
This may last, this may end
Giving way to eagerness
Under cover of darkness

You may never regret
But you can never forget

You never seem to hear your inner scream
Always drowning in a fictitious dream
Let me ask, "Has your life been so secure?"
I guess maybe you can't say for sure

You get to a cheap motel
Expensive enough to yell
You were there nights ago
With another man you didn't know

With wads of dollars in your mind
Tonight again you go blind
A full moon wears a weird smile
And you pass out just for a while

The same ol' pleasure inside
You always fail to hide

You never seem to hear your inner scream
Always drowning in a fictitious dream
Let me ask, "Has your life been so secure?"
I guess maybe you can't say for sure

Another game was just played
Was it really a fair trade?

You never seem to hear your inner scream
Always drowning in a fictitious dream
Let me ask, "Has your life been so secure?"
I guess maybe you can't say for sure

君は一軒のバーから出てきて
知らない男の車へと軽快に足を運ぶ
楽しめるのかどうか分からないまま
また新たな夜が始まる

今夜その男は君の親友となり
この関係が続くかどうかは分からない
君は欲望に屈してしまう
夜の闇にまぎれて

後悔しないのかもしれないけれど
決して忘れることもできないんだ

君には心の中の叫び声が聞こえないんだね
いつも虚構の夢の中で溺れたまま
君の人生がそんなに安定したものなのか
はっきり答えられるのかい?

到着した安っぽいモーテルは
声を上げるには充分さ
何日か前の夜も君はそこにいたんだ
まったく知らない別の男と一緒に

頭の中で札束を想像しながら
君は今夜も自分を見失う
満月が不気味な笑顔を浮かべ
しばしの間、君は意識を失う

内でこみ上げてくる慣れ親しんだ快楽を
君は隠すことができない

君には心の中の叫び声が聞こえないんだね
いつも虚構の夢の中で溺れたまま
君の人生がそんなに安定したものなのか
はっきり答えられるのかい?

また1つ新しいゲームが終わったね
本当に公平な取引だったのかい?

君には心の中の叫び声が聞こえないんだね
いつも虚構の夢の中で溺れたまま
君の人生がそんなに安定したものなのか
はっきり答えられるのかい?

© 2005 by Goki

ページトップへ

THE LAST COWBOY

Roaming alone in muddy boots on rainy days
The rain soaks through his worn-out jeans
And its pale blue fades
Vaulting into the saddle in a blazing hot sun
The Last Cowboy rides his only friend with a loaded gun

Rain or shine, it doesn't make any difference at all
He lives from hand to mouth with his back against the wall

Oh, Last Cowboy, make your horse neigh one more time
Whatever people think of you
I know that you don't care a dime
Just spur and keep running straight through a cloud of sand
Oh, Last Cowboy, never fail to reach your promised land

For there's always been a reverie to engage in
You just can't waste your time doin' nothin' but agin'
Your surly look forces you to stay in your shell
Your heart resonates only with each peal of a church bell

The wall you've built around yourself
Fails to set you free
There seems to be somewhere else that you ought to be

Oh, Last Cowboy, make your horse neigh one more time
Whatever people think of you
I know that you don't care a dime
Just spur and keep running straight through a cloud of sand
Oh, Last Cowboy, never fail to reach your promised land

I've nearly lost everyone and everything
Too desperate to wait for what only time can bring

Somehow, I successfully learned how to loosen my load
This time around I'm ready to go
For a ride down a dusty gravel road

Oh, Last Cowboy, make your horse neigh one last time
Whatever people think of you
I know that you don't care a dime
Just spur and keep running straight through a cloud of sand
Oh, Last Cowboy, never fail to reach your promised land
Never fail to reach your promised land
Never fail to reach your promised land
Keep running, boy

雨の中、泥だらけのブーツでさまよい歩く
擦り切れたジーンズには雨がしみ込み
淡いブルーが色を失う
灼熱の太陽のもと、サドルに飛び乗り
ラスト・カウボーイは、弾丸を込めた銃を手に唯一の友で駆ける

雨が降っていても太陽が照っていても、まったく関係なし
彼はその日暮らしで、追い詰められたまま

ラスト・カウボーイよ、もう一度君の馬を嘶かせるんだ
他人が君のことをどう思おうと
君は知ったことじゃないんだろ?
鞭を打って、砂ぼこりの中をまっすぐに走りつづけるんだ
ラスト・カウボーイよ、必ず約束の地にたどり着くんだ

君には果たすべき夢があるんだから
何もせずただ歳を重ねて時間を無駄にしてはだめなんだ
君は無愛想な顔つきで自分の殻に閉じこもり
君の心が共鳴するのは教会の鐘の音だけ

君が自分の周りに築いた壁は、
君を自由にすることはできなかった
他に居場所があるんじゃないのかい?

ラスト・カウボーイよ、もう一度君の馬を嘶かせるんだ
他人が君のことをどう思おうと
君は知ったことじゃないんだろ?
鞭を打って、砂ぼこりの中をまっすぐに走りつづけるんだ
ラスト・カウボーイよ、必ず約束の地にたどり着くんだ

僕は危うくすべての友と自分のすべてを失うところだった
焦りすぎて時間だけが与えてくれる物を待ちきれなかった

僕は何とか、肩の荷を下ろす術を学ぶことができたんだ
今度こそ準備ができた
砂利道を駆け抜けるつもりさ

ラスト・カウボーイよ、最後にもう一度君の馬を嘶かせるんだ
他人が君のことをどう思おうと
君は知ったことじゃないんだろ?
鞭を打って、砂ぼこりの中をまっすぐに走りつづけるんだ
ラスト・カウボーイよ、必ず約束の地にたどり着くんだ
必ず約束の地にたどり着くんだ
必ず約束の地にたどり着くんだ
走りつづけるんだ

© 2005 by Goki

ページトップへ

THE SINGER

On the rocky path of life with lots of curves and bumps
We're trying to enjoy our short life
Not to look down in the dumps

But one of us has slipped off the fast track
Another's going through a setback
Sometimes we get pretty stressed out
Unknowingly roaming about

So sing us your song that lingers in our hearts and memory
On your honor as a singer
Heal our souls with your melody
Loneliness and uneasiness, we must live together
So sing us your soothing melody
That never leaves our memory forever

On the one-way path of life where there's no turning back
We're getting on with our short life full of hard nuts to crack

One of us has just lost his dream
Another of us can't find her hope's gleam
Sometimes we get a broken heart
We don't know where to restart

So sing us your song that lingers in our hearts and memory
On your honor as a singer
Heal our souls with your melody
Loneliness and uneasiness, we must live together
So sing us your soothing melody
That never leaves our memory forever

We all know you can satisfy our feelings now
'Cause when we hear you sing
We can calm ourselves somehow

One of us can't mend frayed relations
Another’s feeling her limitations
Sometimes we need peace of mind
A little bit of time to unwind

So sing us your song that lingers in our hearts and memory
On your honor as a singer
Heal our souls with your melody
Loneliness and uneasiness, we must live together
So sing us your soothing melody
That never leaves our memory forever

曲がり道とでこぼこだらけの人生という険しい道で
僕たちは短い人生を楽しむ努力をしている
憂鬱そうに見えないように

でも僕たちの中には、出世街道から外れてしまった者もいれば
挫折を味わっている人間もいる
ときどき僕たちは、ストレスで疲れきってしまい
知らないうちに彷徨っているんだ

だから僕たちの心と記憶に残る君の歌を歌ってくれないかい?
シンガーとしての名誉にかけて
君のメロディで僕たちの魂を癒してくれないかい?
僕たちは孤独と不安と共に生きなければいけないんだ
だから、君の心地良いメロディを歌ってくれないかい?
永遠に僕たちの記憶を離れることのないメロディを

振り返ることのできない人生という一方通行の道で
僕たちは、難問だらけの短い人生を前向きに進んでいる

でも僕たちの中には、夢を失ったばかりの者もいれば
希望の光が見えない人間もいる
ときどき僕たちの心は傷ついてしまい
どこからやり直せばいいのか分からなくなるんだ

だから僕たちの心と記憶に残る君の歌を歌ってくれないかい?
シンガーとしての名誉にかけて
君のメロディで僕たちの魂を癒してくれないかい?
僕たちは孤独と不安と共に生きなければいけないんだ
だから、君の心地良いメロディを歌ってくれないかい?
永遠に僕たちの記憶を離れることのないメロディを

君には僕たちの感情を満足させることができるんだ
君が歌っているのを聴くと、どういうわけか
僕たちは自分で心を静めることができるんだよ

僕たちの中にはほころびた人間関係を修復できない者もいれば
自分の限界を感じている人間もいる
ときどき僕たちには、心の安らぎが必要なんだ
少しだけリラックスできる時間が

だから僕たちの心と記憶に残る君の歌を歌ってくれないかい?
シンガーとしての名誉にかけて
君のメロディで僕たちの魂を癒してくれないかい?
僕たちは孤独と不安と共に生きなければいけないんだ
だから、君の心地良いメロディを歌ってくれないかい?
永遠に僕たちの記憶を離れることのないメロディを

© 2009 by Goki

ページトップへ

THE VALUE OF ONE MINUTE

Stay just one more minute
Don't leave an empty space
Right beside me in our bed
A haze, and I'm still in it
I want to see your face
Though my eyes are heavy as lead

As your back reflected in my sleepy eyes
Becomes smaller so slowly
I start to realize
The value of one minute that I usually pass thoughtlessly
Though I know it just flies

Stay just one more minute
Don't leave an empty space
Right beside me in our bed
A haze, and I'm still in it
I want to see your face
Though my eyes are heavy as lead

As your footsteps die away
Into the silence of this morning
I start to realize
The value of one minute that I've hardly tried to utilize
Now it's taking me by surprise

Stay just one more minute
Don't leave an empty space
Right beside me in our bed
A haze, and I'm still in it
I want to see your face
Though my eyes are heavy as lead

Feeling a glimmer in the gloom
I'm groping for you
Quite unsatisfied with the bed sheet
Still so fragrant with your perfume

Stay just one more minute
Don't leave an empty space
Right beside me in our bed
A haze, and I'm still in it
I want to see your face
Though my eyes are heavy as lead

あと1分だけここにいてほしい
空っぽにしないで
ベッドにいる僕の横を
僕の頭は霞の中
君の顔が見たいけど
まぶたは鉛のように重い

眠い目に映る君の背中が
ゆっくりと遠ざかるにつれて
僕は気付きはじめる
気にもとめず過ごしてきた1分の価値に
飛ぶように過ぎるって知っていたのに

あと1分だけここにいてほしい
空っぽにしないで
ベッドにいる僕の横を
僕の頭は霞の中
君の顔が見たいけど
まぶたは鉛のように重い

君の足音が
今朝の静寂の中に消えていくにつれて
僕は気付きはじめる
大切にしようとしたことのなかった1分の価値に
ふと気付くんだ

あと1分だけここにいてほしい
空っぽにしないで
ベッドにいる僕の横を
僕の頭は霞の中
君の顔が見たいけど
まぶたは鉛のように重い

薄暗がりの中のかすかな光に
僕は君を手探りで探す
君の香水の香りが漂っている
シーツだけでは満足できずに

あと1分だけここにいてほしい
空っぽにしないで
ベッドにいる僕の横を
僕の頭は霞の中
君の顔が見たいけど
まぶたは鉛のように重い

© 2000 by Goki

ページトップへ

TIME, TIME, TIME

The past has been knocking on my door
Recently more often than before
Always pestering me out for a drink
But I know it just wants to make my heart sink
So I think

Time, time, time, please don’t leave me alone
Just be mine, mine, mine before you turn to stone
I know for some people you’ve just flown
But I need you to answer all the questions thrown

The present should always be here and there
Teasing from the corner of nowhere
I try to catch, but it always shies away
And again I can't see its value today
So I say

Time, time, time, please don’t leave me alone
Just be mine, mine, mine before you turn to stone
I know for some people you’ve just flown
But I need you to answer all the questions thrown

No one knows how the future looks
‘Til this moment slips off the hooks
By myself I must form its shape
Or it will also just escape
Making something all my own out of thin air
Is always accompanied by thrill, joy, and scare

Time, time, time, please don’t leave me alone
Just be mine, mine, mine before you turn to stone
I know for some people you’ve just flown
But I need you to answer all the questions thrown

過去がずっと僕の玄関のドアをノックしている
最近は以前よりも多くなってきた
いつもしつこく飲みに行こうと誘い続けるんだ
でも本当は僕を気落ちさせたいだけなのさ
僕は思う

時間よ、僕を一人にしないでくれ
君が石に変わってしまう前に僕のものになってほしい
人によって君はただ過ぎ去ってしまっただけだったけど
投げかけられた疑問すべてに答えるために僕には君が必要なんだ

現在はいつもあちこちにいるはず
どこともなく角から僕をからかっている
捕まえようとするけれど、いつも身をかわされるんだ
そして僕は今日もまたその価値を認識できない
僕は言う

時間よ、僕を一人にしないでくれ
君が石に変わってしまう前に僕のものになってほしい
人によって君はただ過ぎ去ってしまっただけだったけど
投げかけられた疑問すべてに答えるために僕には君が必要なんだ

誰も未来の姿を知らない
今この瞬間が消えてしまうまでは
未来は自分の手で作らなければ
逃げて去ってしまう
何もないところから自分だけのものを作ることは
いつもスリルと喜び、不安を伴う

時間よ、僕を一人にしないでくれ
君が石に変わってしまう前に僕のものになってほしい
人によって君はただ過ぎ去ってしまっただけだったけど
投げかけられた疑問すべてに答えるために僕には君が必要なんだ

© 2016 by Goki

ページトップへ

TRUE STRENGTH

Fighting back sudden tears
Banishing nameless fears
And groping in the dark for years
I was too young a man

The meaning of being strong
I didn't know all along
It took me much too long to understand:

True strength can be found somewhere deep inside of me
When I admit my weakness bravely

I was such a coward
Couldn't take a step forward
Shivering in the rain of lonely pain
I'll be strong inside
No more 'run and hide'
Strong enough to fly so high

Counting my growth rings
Wishing to have two wings
But suffering wide mood swings
I could not open my eyes

Carrying my wildcat scheme
Having low self-esteem
Cracking up under my dream
I did not realize:

A man who doesn't hesitate to go to any length
To realize his dream can achieve genuine strength

I was such a coward
Couldn't take a step forward
Shivering in the rain of lonely pain
I'll be strong inside
No more 'run and hide'
Strong enough to fly so high

I was such a coward
Couldn't take a step forward
Shivering in the rain of lonely pain
I'll be strong inside
No more 'run and hide'
Strong enough to fly so high

突然迫りくる涙をこらえ
名状し難い恐怖を払いのけ
何年間も暗闇の中で手探り状態だった僕は
あまりにも若かった

強さの意味が
ずっと分からないまま
理解するのにあまりにも長い時間がかかった

本当の強さは自分の中に見つかるんだと
自分の弱さを認める勇気を持てたときに初めて

僕はあまりにも臆病で
一歩前に踏み出すことさえできず
孤独の痛みという雨の中で震えていた
僕は心の強い人間になるんだ
逃げも隠れもせず
強くなって高く舞い上がれるように

自分の年輪を数えながら
ニ本の翼を持つことに憧れ
激しい感情の起伏に悩まされていた僕は
目を開けることができなかった

無謀な計画を背負いながら
自尊心が低いまま
自分の夢に押しつぶされていた僕は
気づかなかった

自分の夢を実現するためにどんな苦労も惜しまない人間が
本当の強さを手に入れることができるんだと

僕はあまりにも臆病で
一歩前に踏み出すことさえできず
孤独の痛みという雨の中で震えていた
僕は心の強い人間になるんだ
逃げも隠れもせず
強くなって高く舞い上がれるように

僕はあまりにも臆病で
一歩前に踏み出すことさえできず
孤独の痛みという雨の中で震えていた
僕は心の強い人間になるんだ
逃げも隠れもせず
強くなって高く舞い上がれるように

© 2008 by Goki

ページトップへ

UNREADY FOR THE SUN

Now I'm walking in the rain
For a cure to ease my pain
A cold wind keeps chilling me

The autumn leaves have ceased their dance
And I throw a casual glance
Feeling a little sympathy

Losing my sense of time
I picture in my mind a towering wall that I must climb

How can I clear the sky?
How can I wipe out the clouds?
How can I let the wind die?
Does the sun just want to drowse?
How can I clear my mind so again I can run?
Oh, I'm walking behind
Unready for the sun

Looking back at my footprints
I can feel no autumn tints
Is winter coming around?

Again, I take uncertain steps
While the night is quietly slept
Where am I bound?

Feeling my weak heartbeat
I see myself trembling in the puddle-mirror at my feet

How can I clear the sky?
How can I wipe out the clouds?
How can I let the wind die?
Does the sun just want to drowse?
How can I clear my mind so again I can run?
Oh, I'm walking behind
Unready for the sun

Since you left me heartsore
The world looks different from before
But I know the misfortune should be gone
So I can hold on, yeah, yeah, yeah

How can I clear the sky?
How can I wipe out the clouds?
How can I let the wind die?
Does the sun just want to drowse?
How can I clear my mind so again I can run?
Oh, I'm walking behind
Unready for the sun

僕は雨の中を歩いていく
心の痛みを和らげてくれる治療薬を求めて
冷たい風に凍えながら

枯葉たちは踊るのを止め
僕は視線を投げかける
少しばかり同情しながら

僕は、時間の感覚を失いながら
乗り越えなければならない高い壁を心に描く

どうすれば空は晴れ渡るのだろう?
どうすれば雲を追い払うことができるのだろう?
どうすれば風を止めることができるのだろう?
太陽はただ少し休みたいだけなのだろうか?
どうすれば僕の心が晴れ渡りまた走ることができるのだろう?
僕はゆっくり歩いていく
太陽が見えないまま

歩んできた足跡を振り返って見ると
もう秋の色合いは感じられない
冬がやって来るんだろうか?

僕は再び心もとない足取りで前に進む
寝静まった夜の中
一体どこに向かっているんだろう?

弱い鼓動を感じながら
足元の水たまりの鏡に揺れる自分の姿を見つける

どうすれば空は晴れ渡るのだろう?
どうすれば雲を追い払うことができるのだろう?
どうすれば風を止めることができるのだろう?
太陽はただ少し休みたいだけなのだろうか?
どうすれば僕の心は晴れ渡りまた走ることができるのだろう?
僕はゆっくり歩いていく
太陽が見えないまま

君が去って僕の心が痛みはじめてから
世界が以前とは変わってしまったように感じるよ
でも、この辛さはきっと消えてなくなってしまうんだ
だから今は我慢しようと思う

どうすれば空は晴れ渡るのだろう?
どうすれば雲を追い払うことができるのだろう?
どうすれば風を止めることができるのだろう?
太陽はただ少し休みたいだけなのだろうか?
どうすれば僕の心は晴れ渡りまた走ることができるのだろう?
僕はゆっくり歩いていく
太陽が見えないまま

© 2007 by Goki

ページトップへ

YOUR VOICE

Your voice was ringing in my head through last night
Whispering all the words that made me feel all right
“It won’t be long ’til you see me
And we can stay where we want to be.”

I go to work again with this heavy tread
While staying in the office, I just feel I’m dead
But every time I hear you say something
I feel like I’m on the wing

Now it’s time to leave work
Thank God, I’ve survived
Well, I guess I must be the happiest man alive
Since I can sleep with your voice tonight
Seeing your smile right in sight
Since I can sleep with your voice tonight
Seeing your smile right in sight

昨日一晩中 君の声が僕の頭の中で響いていたんだ
僕が舞い上がるような言葉をたくさんかけてくれたんだよ
「二人で一緒に居たい場所に居れるまで
それほど長くかからないわよ」

僕はまた重い足どりで仕事に向かう
オフィスにいる間は自分が死んでいるように感じる
でも君の声が聞こえてくるたび
僕は舞い上がるような気分になるのさ

やっと仕事から帰る時間だ
神様のお陰で今日も生き延びることができた
自分はこの世で一番幸せな人間だと思うよ
だって今晩は君の声を聞きながら眠れるんだから
目の前で君の笑顔を見ながらね
今晩は君の声を聞きながら眠れるんだ
目の前で君の笑顔を見ながら

© 2003 by Goki

ページトップへ